ご挨拶・企業理念

ご挨拶

ご挨拶おもてなし便は2013年10月一人でも多くの方の人生と社会に貢献する事を目的に設立致しました。

弊社は“飲食業”からの参入です。異業種からの参入だからこそ、新鮮な目で判断し、斬新な発想の基、迅速なイノベーションが可能になります。

『21世紀は本物が生き残る時代』と言われています。沢山の企業や業界等々が淘汰されてきました。この波に乗り、軽貨物業界も現在は大変進化しました。特に弊社では、ドライバーさんを同志(パートナー)と考えWIN WIN(共に勝つ)の関係を構築し、互いの信頼関係を大切にしています。

そして現在、荷主様の最優先されるご要望は『荷物を運ぶだけのドライバーは要らない』と言うのが共通のキーワードとなっています。つまり、現在は“軽貨物業界は接客&サービス業”です。そこで、弊社ではドライバーさんの人間観・コミュニケーションスキル・接遇力の向上を目的とした独自の研修プログラムを開発中です。『おもてなしドライバー』を早期育成中です。

弊社では、21世紀型の経営として『人本主義の理念経営』を推進しております。ここでは、『企業経営とは5人に対する使命と責任を果たす為の活動』と唱え、使命と責任とは『幸福の実現と幸福の追求』。そして、その人とは『社員とその家族』『社外社員とその家族』『顧客』『地域社会・地域住民』『株主・出資者』です。しかも、この5人は並列ではなく優先順位です。“顧客第一”という思想は、21紀ではもう古いです。

『世の為人の為に役に立つ存在になる為に、具体的にどのような事で貢献するのか』という経営理念を明確に意識して、その実現にとてもこだわりを持ちます。人の為ですから、まず『社員がいかにやりがいを感じられるかという事』を目指し、『社員のモチベーションを極大化させる事』が目標になります。そして、やる気に満ちたモチベーションの高い社員が顧客に対して満足溢れる生涯心に残るおもてなしを提供します。

おもてなし便は、21世紀型の『貨物運送業』を目指します。『荷物』は運びません。お届けするのは感謝・感動して頂ける“生涯心に残るおもてなし”を創造し続け、一人でも多くの方と社会に貢献します。

蓬莱グループ 合同会社 おもてなし便
代表社員  椎名 芳治

企業理念

経営理念

企業理念

私たちは生涯心に残る“おもてなし”を創造し続け
一人でも多くの方の人生と社会に貢献します。

経営方針

『急な拡大より確実・地道なコツコツ成長』

『現状に満足せず常に革新・チャレンジ精神』

『どうしたら可能か?肯定的・可能思考』

『何事も受け止める寛大・素直な心』

『倫理観溢れた実直・真摯な人間観』

『見て見ぬふりしない健全・利他主義』

『当たり前の事に感謝出来る謙虚な姿勢』

社是

Create the ultimate hospitality

~究極のおもてなしを創造する~

Vision

めぐり逢えて良かったと思って頂ける人財となる

Mission

常に相手の事を気遣い『ありがとう』と感じて頂ける

価値ある自然体の『おもてなし』を基本姿勢とする

Credo

  1. 私たちは、相手の望みを叶える事を自分の目標とします。高質の専門能力とプロ意識の発揮による業務を通じて、係わる全ての皆様が幸せになる事を私たち自身の喜びとします。
  2. 私たちは、常に当たり前の事に感謝の心を持ち、業務を遂行します。トラブルや困難、業務上の障壁も自分たちを成長させるチャンスと捉えます。
  3. 私たちは、良かれと感じる事は出し惜しみせず、提供し続けます。
  4. 私たちは、礼儀を大切にします。積極的な明るく元気な挨拶は勿論、別れ際にも最大の心配りを徹底します。
  5. 私たちは、自分自身と未来を変える事が出来る事を常に忘れず、昨日よりも今日、今日よりも明日、革新して行く様努力を惜しみません。
  6. 究極のおもてなしを創造する為に整理・整頓・清潔・清掃、完璧な準備を常に意識しています。
  7. 私たちは、同志を信頼し、思いやり・助け合い・学び合い・鑽き合い・創造しながら、共に成長し続け、共に勝ちます。
  8. 共創主義を尊重し、少数意見を無視する事無く耳を傾けます。
  9. 明らかに疑問が出ている事に対して放置する事無く即時、問題解決に全力を尽くします。
  10. 私たちは、当たり前の事を当たり前に出来る事を最も大切な心構えにして行きます。
  11. 私たちは、“時間は命”の概念とコスト意識を持って、自分の時間と相手の時間を大切にします。時間厳守は勿論の事、同じ時間でより大きな価値ある成果が創り出せる様、目的と根拠を強く意識して一期一会の精神で業務に集中します。
  12. 私たちは、参加する事ではなく参画することを心がけ、どんな場面でも積極的に、明朗に発言します。それが共に成長する源になる事を意識します。
▲ページの先頭へ戻る